にきびは受け継いでしまうの?

にきびは継承してしまうといった意見を
知ってるのではないでしょうか。
この場を借りて突発的ですが、
私達自身の人生経験をアドバイスさせていだだきます。
あたいはキッズのころ、正確にジュニアハイスクールあたりのときに
にきびが、おでこや頬、顎の部位ににきびが出来たと感じます。
そういったときに、にきび対策として、販売で取扱っている
ニキビケアの洗浄料とメイク水を一緒に手に入れましたが、
にきびが全快するどころか、デリケート肌がかさかさに乾き、
粉体を吹いた状態になってしまい、お近くのお友達から判断しても
批判されて、それはそれはばつが悪い感じをした経験があります。
あげくの果てに、ユニバーシティを離れるくらいまでは習慣的ににきびに
いたぶられていました。
にきびもそれほど気にならなくなってくれたころ、ママに質問してみると
「あたしもにきびが最悪だったよ、二十歳が越えるまでは
180度よくしようがなかった」だそうでした。
その上、当方のお友だちの兄と弟は、これはこれは二人とも
にきびがひどく、しかも2名ともまったくおんなじ
にきびの出かただったのです。
そういう理由で、にきびの出来やすさ、出来づらさはとても
遺伝が影響していると言って確実だと思います。
遺伝って、思っている以上に残酷だと言っていいでしょう・・・。
しかしながら、現在はバラエティーに富んだニキビケアの物品があるだけではなく
マイクロコンピューターでフィットしたニキビケアのやり方もチェックできるように
なってしまったのです。
エクラシャルムのような、ゼロからニキビを克服出来る
品物を使えば、遺伝によるにきびを
憂慮することも要らずなってしまいますね。
https://classicfield.boy.jp/

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.