もしものときのための宅配クリーニング

引っ越しの時、コンロには注意を向けておく必要があります。なぜかというと、それは、他の物と異なり、ガスの元栓をストップしておかなくては許されないからです。それだけでなく、ホースや器具にほんの少しガスが残っていますので、タバコに火をつけないのは勿論の事、お部屋の窓等をおおきく開け、換気しておくといいです。先ごろ、引越しと宅配クリーニングをしました。引越し専門の会社に頼みましたが、けれどもやはり苦労しました。
何が苦労したかというと、諸々の手続きです。
自治体が変われば、印鑑証明に求められる印鑑登録も行っておく必要がありました。
必要となることはまずありませんが、念のため登録を済ませました。
引越しのその日にすることは2つあります。ひとつめは、退去する部屋では荷物や布団を運び出した後に管理会社の立ち合いで部屋の状態を確かめることです。ここで大きな汚れや傷を確かめますが、この調査が敷金でのカバーや別途クリーニング費用の請求に影響します。
新居ではガスの元栓を開けることが不可欠です。これは業者の立ち合いが必ず必要です。今まで、何度か引っ越しと宅配クリーニングの経験があります。そのたびにガスを止めるのはいつか考えてきましたが、今までは、引っ越し当日に解約することが多かったです。
引っ越し直前というのは、気力も体力も消耗するので引っ越しと宅配クリーニング前日の夜ともなればお風呂で手足を伸ばして温まり、翌日に備えたいためです。引っ越し当日も、お湯を沸かして温かいものを飲めば一息つけるからです。引越しを行ったら、必ずご近所の家々、それから、大家さんに挨拶回りをしています。この時に持っていく挨拶品は、食べられる品物に決めています。
タオルが一番無難だと、思いながらも、どことなく残念な気がしてしまうからです。
千葉県の宅配クリーニングについてのサイト

適当な和菓子を買って、配っているのですが、喜んでいただいているようです。引っ越しと宅配クリーニングで住民票を移すと、必ずしなければならない手続きの中で大事なのが運転免許証の住所変更届です。
多くの場面で運転免許証を写真付き身分証明書として使うので、住所変更の申請も、早めに済ませましょう。
転入先から最寄りの警察署へ行き、運転免許証と新しい本人分の住民票(写しで良い。住所変更してあれば、健康保険証、公共料金領収書などでも良い)を所定の窓口に提出し、必要事項を書いて出せば記載事項の変更ができます。
これまで何度も引っ越しと宅配クリーニングをしてきていますが、一つだけ大きな声で言っておきたいことがあります。「引っ越し業者やクリーニング店に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。忘れもしない、初めての引っ越しの時、食器がいくつか、ヒビを入れていたのでした。
はずかしながら、自作の陶器でしたから、かなりショックを受けました。
ただ、お気に入りのものではありましたが、高価なものではなかったので、文句をつけたりはしませんでした。
そんなことがあってからは、工芸品や貴重品、割れるものは自分で運ぶように心がけています。段取りこそ、引っ越しと宅配クリーニングで一番大事なことです。数と大きさを考えながらダンボールなどの梱包材を揃え、梱包作業を順次行ってください。日常的に使うものをのぞき、大体の用途で分けた上で順次ダンボールに詰めましょう。
何が入っているかわかるように、紙に書いて貼っておくと片付ける手がかりになります。
電気、ガス、水道、電話など、ライフラインの移動手続きも忙しくても、必ず終わらせましょう。
最近我が家は、三回目の引越しの経験をしました。引越しの洗濯する作業は毎回大変なのですが、もう慣れっこです。
荷造り、荷ほどき、大体が私の仕事です。旦那はいつも家電、家具などの大きいものを掃除したり、片付けてくれるのが恒例です。
けれども、今回は洗濯機の水抜きを忘れてしまったようで、新居の洗面所が、びしょびしょになってしまいました。
かつてからの夢だった一軒家の家を購入しました。転居の前に各々の部屋にクーラーを取り付けなければなりません。
必要なクーラーの数は四つ、かなりの出費です。
しかし、大手の家電量販店で一度に四つ購入するからとお願いすると、結構な割引をしていただきました。考えていた費用よりも、かなり安くすみました。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.