カードローンの金利について

消費者金融会社からお金を借りる時には、金利は4.5%から18%の間に設定されており、具体的な数字はまちまちです。いくらまでの融資を受けられるかによっても、金利には違いが出ます。10万円の融資を受けると、金利は18%つくとされています。携行として、大口の融資になれば、金利は低く設定されることが多いようです。融資の条件は、審査の結果によって決まります。審査では、年収、勤続年数、持ち家の有無などに基づいて、貸付条件を決めます。借りたいと思った金額がそっくり借りられるとは限りません。借り入れ可能な限度額は、審査の結果によって違います。基本的なところは、銀行系カードローンと、消費者金融系カードローンは似ていますが、銀行系は4%~14%で融資可能です。銀行系カードローンの貸付条件と、消費者金融系カードローンの貸付条件を見比べると、金利に違いがあることがわかります。ただ金利だけを見るならば、銀行系カードローンを使わない手はないかもしれませんが、その他の点で、銀行系カードローン会社には注意点があります。すぐにでもお金を借りたいという時は、審査に時間がかかる銀行系カードローンより、消費者金融系カードローンのほうが有利です。申込みの手続きも、消費者金融系のカードローンのほうが簡単です。銀行のカードローンでは、口座開設が条件になることもあります。すぐにでもお金を借りたいという人は、消費者金融系が適しています。銀行系カードローンは、お金を借り入れることができるようになるまでに多少の時間を費やしても構わないと考えているような人向けとなります。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.