ダイエットに効果的だったオルチャニストやドリンクの豆知識

エゴマ

シソ科の一年草で、香辛野菜のシソの変種です。種子から油を取ります。種子から取れる油は、半分以上がαリノレン酸です。体内では、血液をサラサラにするエイコサペンタエン酸(EPA)や脳神経の発達と維持に必要なドコサヘキサエン酸(DHA)に変わる必須脂肪酸です。エネルギーになりやすく、ダイエットや生活習慣病の予防に役立ちます。

青汁

緑色の野菜ジュースです。キャベツの野生種で地中海沿岸が原産とされるアブラナ科の野菜ケールや、大麦の若葉などが青汁の原料としてよく利用されています。緑色はクロロフィル(葉緑素)の色です。ビタミンやミネラルを豊富に含み、ケールの青汁を飲み続けると環境汚染物質の体外排出が促進されたり、免疫力アップやガン細胞の増殖抑制、摂食抑制、ダイエット効果などの健康機能があります。置き換えダイエットをするなら韓国版青汁のオルチャニストが1番効果的でした。

ココア

カカオ豆を発酵させてから脂肪分を減らした粉末です。抗酸化力が強いカカオマスポリフェノールや食物繊維、リラックス効果がある苦しみの成分のテオブロミン、ミネラルを含みまして、お湯などに溶かして飲みますと、血液をサラサラにして冷え性や便秘を改善する作用があります。目安量は一日1~2杯です。朝食前の空腹時に飲むと便秘改善効果、夕食後に飲むとダイエット効果を得やすいです。傷の治りも早める効果も医療現場で確認されています。

緑茶

水道水の浄水場で塩素殺菌を行う時に発生する物質で、トリハロメタンという物質を生み出しまして、特に発がん性があるということで危険視されています。トリハロメタンは、発がん性物質というだけでなく、体内に入ると中枢神経や腎臓、肝臓といった他の器官にも影響を与えていってしまいます。他にもアトピーや喘息の悪化、集中力の低下や疲労感、流産の危険性も高くもなります。トリハロメタンを防ぐためには水道水を飲料水しないことや煮沸消毒や浄水器を使用しています。

緑茶はβカロテンやビタミンCを豊富に含み美容・美肌によく。緑茶の渋味成分であるカテキンはポリフェノールの一種で、細菌の繁殖を抑える働きがあります。さらに、抗生物質が効きにくいメチシリン耐性黄色ブドウ球菌やコレラ菌、インフルエンザウイルスなどの繁殖を抑える効果もあります。また、カテキンは、消化酵素の働きを抑え、脂肪や糖分の吸収を防ぐ働きがあるため、緑茶をたくさん飲めばダイエット効果が期待でき、さまざまな生活習慣病を予防できる健康効果があります。特に茶の葉をひいた抹茶は、緑茶の栄養をまるごと摂ることができ、栄養素が多く、ガン予防や免疫力強化に有効でした。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.