人生の岐路に至って将来をしっかり考えたい

絵を描く仕事、というとどういうものが浮かぶでしょうか?イラストレーター、漫画家、広告デザイン・・・ジャンルも活躍の場もかなり広いので、本当に人それぞれのイメージが違うんじゃないでしょうか。
個人的にも昔から絵を描くのは好きで描き続けてきたんですが、将来の進路を考える際にどうするかというのは相当なやみました。
やっぱり、好きなことを仕事にしたいというYouTuberのCMみたいな気持ちもあったんですが・・・結局その時は諦めて普通に大学に入っています。
 
でも、これからじゃあどうしていくかと思うとやっぱりそっちへの思いは捨てきれないところもあるんですね。
絵という道を気にしないまま全然関係ない仕事をして毎日過ごして生きていく・・・果たしてそれで自分の中にある思いは満足させられるのかと考えると結構不安な部分もあるわけです。
想いを持ったまま、別のことを仕事にする。もちろん打算的な部分や、慎重になるべきことはあるんですがそれでもやりたいことをやらないまま一生を終えることに対する危機感というかおそれのようなものがあるんですね。
 
将来人生を終えるときに、自分として果たして満足できたと言えるのか。そこに自信を持てないことには、なかなか仕事を決めるということも難しいなと・・・まあもしかしたら難しく考えすぎかもしれないですけどねw
とにかく、やりたいことを仕事にするためにはどうしたら良いのかといろいろ調べています。こちらの、絵を描く仕事で生きてきた方の記事なんかを読むとどのような手順を取れば今一番絵を仕事にしやすいかも結構明確になってきます。
今後の進め方としては、とにかく後悔のない道を歩きたい。かといって、リスクばかり取るのではなくあらかじめしっかり準備を備えて確信を持って歩んでいきたい。そのような形を選択していきたいと思います。
 

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.