育毛剤について考えてみた。

育毛剤は情弱狩りの商品だって言われるけども、育毛剤自体は悪くないし、正しい使い方で継続すれば効果はある。
何が悪いかって広告の表現が悪い。
「発毛促進!!」なんて書いたら、これで生える!!と勘違いしてしまうのも仕方ないのかなーと。
この、育毛剤のおすすめ最新ランキングみたいなサイトで紹介されてる育毛剤でも、効果がないことはない。
でも、効率とコスパが悪いことは確か。
薄毛はミノキシジルとフィナステリド飲んどきゃ高確率で治る。
じゃあ育毛剤必要なくない?ってなるけど
「薬を使いたくない」
「薬が怖い」
って人も一定数いるわけで、そこに需要がある。
不安っていうのは大体が“無知”からくるもので、ちゃんと調べればメリットの方がいかに大きいかが分かる。
だから、俺がもし将来ハゲてきたら絶対ミノキシジルとフィナステリド使う。
ちなみにハゲは完全に地肌が見えたらアウトなので、癌じゃないけども早期発見、早期対策がめっちゃ大事。
少しでも薄くなった…??と感じたら対策する事をすすめる。
以上、育毛剤に関する所感でした。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.